--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.02.04 22:38

映画「どろろ」を観てきました。

邦画を観たのは何年ぶりだろう・・・
たまたまWOWOWで「どろろ」の特集をやっていたのを見て興味が沸き
KAZUにも話すと「よしっ、行くか!」と、思い立ったが吉日とばかりにシネコンへ・・・。
上映30分前にあたふたとチケットを買い、観ることに。

*少々ネタばれの文章もあるので、
これから見に行く予定の人は注意してください。

どろろ


率直な感想から申しますと、6つ星満点で

★★★☆☆☆

こんな感じ。

さすがの手塚治虫先生の作品なので、
単純・素朴・わかりやすくて話が面白い。
2時間半という上映時間は長い方だけど、この面白いお話を
2時間半で簡潔にまとめてしまうのは、あまりにももったいなすぎる。
ストーリーのテンポも良くて面白いんですが、何かが物足りない。

ちょっと話は逸れますが
先日、「アルプスの少女ハイジ」の実写版DVDを買って観たのですが
これも同じ感想でした。
私にハイジを語らせると一晩中でもしゃべれるくらい
ハイジに関しては熱いものを持っているんですけど
そのハイジ・実写版を観たあと、|-`).。oO(ハイジを1時間半で語るなよぉ~)と
思ってしまいました。
クララはそんなにすぐ立てないだろ~とか、ツッコミどころも満載。
でもハイジ役の子はと~っても可愛いし、
どのキャストも、イメージに合っているとは思います。
そうだな~・・・
「ハイジのイメージプロモーション映画」みたいな感覚で観ると良い感じ。

話を戻して・・・
なので同じように元々「どろろ」が好きな人は、
ちょっと物足りないのではないかなーと感じました。
妖怪達も、もっともっと怖くても良かったんじゃないかなー

ハリウッドがこの「どろろ」をリメイクしたがっていると
風の噂で聞きましたけど
映画を観る前は、|-`).。oO(何でもかんでも真似したがっちゃって・・・)
と思っていたんですけど、見終わった後はなぜか
ハリウッド版が観たくなりました。
妖怪と戦うシーンなど、ハリウッドのCG技術でぜひやってもらいたい。
でもとっても“和風”なこのお話を、どう作る気なんだろう。

ちょっと辛口で感想を書きましたけど、妻夫木くんはとっても良かった
自分の体の部位を妖怪から取り戻していくごとに
だんだん人間らしい表情に戻っていくところの変化とか
刀裁きもかっこよかった

映画の最後の方で、続編を匂わせるような終わり方をしてます。
いや、きっとあるでしょう。
だって妖怪は半分しか倒していないんですから・・・

やっぱり2時間半では語り尽くせないはずですよねぇ(´m`)

| 映画&音楽 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。